技術と製品情報

ホーム > 技術と製品情報 > 自社製品 > モータスポーツ用自動計時システム(LDAC)

LDAC-SP(windows版) LDAC-SP LDAC-dash LDAC-GP

LDAC-SP(Windows版)

LDAC-SP(Windows版)
競技者登録

競技者登録

レース走行計時

レース走行計時

リザルト1ヒート

リザルト1ヒート

「LDAC-SP(Windows版)」は、本格的なサーキット場での使用を考えて製作された、ハイスペックなレース計時システムです。
自動車用と書きましたが、4輪、2輪、カートを問わず使用することが可能で、高速に移動する車両が検出可能です。
コントロールゲートが設置されているサーキット場であれば設置導入可能です。(コントロールゲートのないレース場でも、コントロールゲートから設計可能です。)

Windowsに対応した、より使いやすい豊富な機能でリアルタイム編集を実現します。

システム概略図

システム概略図

仕様

車両スピード 時速 350Km/h (max.)
同時レース中での
判別チャンネル数
250チャンネル
計時表示精度 1/1000秒
計時測定精度 ±1/1000秒
コースセンサ幅 コース幅に対応
ピットコースセンサ幅 ピットコース幅に対応
発信器動作時間 8時間(満充電時)
最大表示時間 9時間59分59秒999
最大レース時間 99時間59分59秒999

特徴

  • 本格的レース場、カートレース場、バイクレース場等、幅広い用途に対応
  • 最大250台まで同時計測
  • 様々なレース種別に対応(タイムトライアル、耐久、他にフリー走行)
  • コンピュータによる各種レース種別にて計測・集計
  • シンプルメニューの日本語対話形式
  • リアルタイムに計測中のラップタイム、周回数を表示
    また、ピットセンサ設置する事によりピット通過も監視する事が可能
  • 計測中の通過データをリアルタイムに印刷(レース中のチェックに使用)
  • レース結果を即時に表示印刷する事が可能

LDAC-SP(Windows版)取扱説明書ダウンロード


 *Windows®の正式名称は、Microsoft® Windows® Operating Systemです。
 *Microsoft®、Windows®は、米国MicrosoftCorporation.の米国及びその他の国における登録商標または商標です。

LDAC-SP(生産終了製品)

「LDAC-SP」は、本格的なサーキット場での使用を考えて製作された、ハイスペックなレース計時システムです。自動車用と書きましたが、4輪、2輪、カートを問わず使用することが可能で、高速に移動する車両が検出可能です。コントロールゲートが設置されているサーキット場であれば設置導入可能です。(コントロールゲートのないレース場でも、コントロールゲートから設計可能です。)

仕様

車両スピード 時速 350Km/h (max.)
同時レース中での
判別チャンネル数
80チャンネル
(最大200チャンネル)
計時表示精度 1/1000秒
計時測定精度 ±1/1000秒
コースセンサ幅 コース幅に対応
ピットコースセンサ幅 ピットコース幅に対応
発信器動作時間 8時間(満充電時)
最大表示時間 9時間59分59秒999
最大レース時間 99時間59分59秒999

特徴

  • 本格的レース場、カートレース場、バイクレース場等、幅広い用途に対応
  • 最大200台まで同時計測
  • 様々なレース種別に対応(タイムトライアル、耐久、他にフリー走行)
  • コンピュータによる各種レース種別にて計測・集計
  • シンプルメニューの日本語対話形式
  • リアルタイムに計測中のラップタイム、周回数を表示
    また、ピットセンサ設置する事によりピット通過も監視する事が可能
  • 計測中の通過データをリアルタイムに印刷(レース中のチェックに使用)
  • レース結果を即時に表示印刷する事が可能

カタログダウンロード

LDAC-dash

LDAC-dash
LDAC-dashシステム

「LDAC-dash」は、「LDAC-SP」に限りなく近いスペックながら、大幅なプライスダウンを実現したハイコストパフォーマンスなレース計時システムです。
コントロールゲートが設置されているサーキット場であれば、設置導入可能です。
(コントロールゲートのないレース場でも、コントロールゲートから設計可能です。)

仕様

車両スピード 時速 300Km/h (max.)
同時レース中での
判別チャンネル数
80チャンネル
(最大200チャンネル)
計時表示精度 1/1000秒
計時測定精度 ±1/100秒
コースセンサ幅 コース幅に対応
ピットコースセンサ幅 ピットコース幅に対応
発信器動作時間 8時間(満充電時)
最大表示時間 9時間59分59秒999
最大レース時間 99時間59分59秒999

特徴

  • 本格的レース場、カートレース場、バイクレース場等、幅広い用途に対応
  • 最大200台まで同時計測
  • 様々なレース種別に対応(タイムトライアル、耐久、他にフリー走行)
  • コンピュータによる各種レース種別にて計測・集計
  • シンプルメニューの日本語対話形式
  • リアルタイムに計測中のラップタイム、周回数を表示
    また、ピットセンサ設置する事によりピット通過も監視する事が可能(オプション)
  • 計測中の通過データをリアルタイムに印刷(レース中のチェックに使用)
  • レース結果を即時に表示印刷する事が可能

基本システム

コントロールBOX 1式
ゲートセンサ(コース長) 1式
発信器(1~80番) 1/1000秒
充電保管器 2式
通信ケーブル(20m) 1本
発信器チャンネルチェッカー 1台
発信器バッテリチェッカー 1台
発信器ホルダー 1000個
計時コンピュータ 1台
ディスプレイ 1台
インクジェットプリンタ 1台
無停電電源装置 1台
専用ソフトウェア 1式

LDAC-GP(生産終了製品)

LDAC-GP

「LDAC-GP」は、RCカー(ラジオコントロールカー)用に設計された、パーソナルタイプのレース計時システムです。

仕様

検出可能速度 60km/h (max.)
同時レース中での
判別チャンネル数
12又は16チャンネル
計時表示精度 1/100秒
計時測定精度 ±1/100秒
コース幅 5m
ピットコース幅 標準3m
発振器動作時間 8時間(満充電時)
最大表示時間 9時間59分59秒999
最大計時時間 99時間59分59秒999